インナーカット

現在発売中のアクリル加工自作キット
10系後期アルファード サイド5ラインを例に
ざっくりとご紹介。

まず、インナーカットにはマスキング作業が必須となります。

ヘッドライトのインナーメッキは非常に脆いですので
マスキングテープの粘着を弱くしてから貼るといいです。


10系後期はメッキは強いほうですので
マスキングを弱めると「おそらく」メッキは剥がれないと思いますが

絶対にメッキを剥がしたくない場合は
裏側にテープを貼るなどで対応されるといいと思います。

ただし、キレイに加工するなら表からです。
※最悪は塗装する覚悟が必要



キットのアクリルを元にマスキングにマーキング。

もしくは写真のようにアクリルを元に厚紙を切って
用意してもいいかもしれません。

後はマーキングより少しだけ小さめに超音波カッターでカット。

球屋では335というものを2台使用しておりますが
10万円以上するのでさすがに勧めれませんので
ブラックGONTA超音波カッターをご使用ください。



写真が無いので違う箇所になりますが
こんな感じである程度までキレイにカットしていきます。

そしてアクリルキットをあてがいながら
ヤスリで微調整し、整えていきます。

とにかく、大きく切り過ぎないことがポイントです。
※キツキツすぎてもNG 車の振動でインナーが割れます。


地道な作業ですが
キレイにはまったときは気持ちいいです(*^-゚)v




またまた写真は異なってしまいますが
こんな感じではめていきます。

この写真は後日発売予定のヴェルファイア サイド6ラインです。

ヴェルファイア ウインカー6ラインと合わせれば
かなりカッコよくなりますよん♪